自分の中にある全く意識できない領域をクリーニングする実際方法について
特別なメニューを実践形式で詳しく公開しています。 

 

現実を力強く変える方法として実績も持続的に挙がっています。
個人でコ-チング的な事もやっています。
私自身も恩恵を受けているでしょう。

 

まさか、ここまで続けられるとは思ってませんでした。
感慨深いものがあります。

 

お蔭様でサイト公開以来 1000人以上の方々から
いろんな事情や立場に応じ成果報告もいただいています。

 

 

 

 

 

 

「表面意識の奥の潜在意識の汚れのお掃除などの( 些細な事を積み重ねて、じっくり取り組んで継続させていったら )
日々の流れが良くなってかねてからの念願を実現していました!
いえ、念願以上のことが叶いました!ビックリです!」

 

 

 

という実績報告をいただいたり

 

「 ( 最初はマユツバものだと思っていましたが )少しずつサイトに書いていることを取り入れるやり方で丁寧に取り組み
助言に素直に従うだけでしたが
続けられるようになり潜在意識の浄化と書き換えの実践に拍車がかかって気が付いたら日々が生き生き充実してきた実感があります。
こんな素晴らしい貴重な情報を教えていただいて感謝です。」

 

といった類の実践報告があったり

 

メールやお手紙等での嬉しいご報告も
チラホラといただいています。

 

 

 

状態管理をしっかりしていきたい方

 

日々を楽しめず、さまざまな苦に喘いで辛い思いを感じており一体どうやったら実際的に心を強くし

信念を強くできるかを知りたい方

 

自らの好ましくない習慣を変えるのに、何をやったらよいか知りたい方

 

決めたことを粘り強くやり遂げる力をつけていきたい方

 

脳を活性化させる状態を作成して集中力や記憶力を高めたい方

 

生きがいや、やりがいを感じせしめる目標を見つけたい方

 

自らを進化、向上させるのに何をやっていったらよいのか知りたい方

 

にとって解決のための参考になると思われます。

 

 

 

自分自身のモチベーションを保つためのメルマガや通信講座も発行しています。

 

 

ご興味のある方は、メルマガも発行してますので参考にしてください。

 

↓↓↓

 


 



 

実践研究すればするほど、天風哲人の解明した方法はこの記事でも書いたように合理的でありつつ具体的で簡単でありながら効果が加算し累積され相乗作用を生むように体系化されているというのを感じます。いろんな心理療法と高い次元で融合させることも可能ではないかと私は考えます。例えばシュルツ博士の自己催眠法この療法...

今回この記事を執筆しようと思ったのは、2024年5月25日からの以下のアンケ-ト記事が発端です。私の気のせいかもしれないのですが、この手のヤ●ーのアンケ-ト調査では、「(景気は) 悪くなっている 」という結果になる傾向が強いように思っています。勿論、こういうアンケ−トも、全く無視するというのも、それ...

今回の記事を要約し動画にしたら上記になります。上の2分程度の動画を視聴し以下の記事を読んだら整理されやすいかもしれません。私は、以前は根が無くなっていたという自覚がありますが天風哲人の方法をまだ続けているのは、習慣統御し取り組むことで潜在意識領の負け犬化が正され自分でも驚くくらい根気が蘇ったのと実際...

近年、人工知能(AI)は日常生活やビジネスシーンで重要な役割を担っています。 教育や自己学習の分野でもその効果は顕著です。 この記事では、そんなAI技術を用いた質問テンプレートの基本構造とその使い方を初めての方にもわかりやすく解説します。 一見すると単純な質問のリストが、どのようにして深い学びへと導...

 Stable Diffusionに取組んだのは、2024年1月くらいでして、本記事執筆時の今は他のことに取組んでますので、後だしじゃんけんですが(;^_^A 機械学習技術の進化が止まらない今、Stable Diffusionなどの画像生成AIは創造性を広げる強力なツールだと思いますので紹介してみま...

サイトテ-マとは、やや離れますが、機械学習分野は、今後益々重要な分野になるのは火を見るより明らかです。それに新しいことに取組むことは脳の活性化にも良い影響を与えます。 ですので今回の新記事も、サイト読者に、こういう機械学習分野に興味を持ってもらいたくて、新たなジャンルに取組んだ時の記事同様に機械学習...

「刺激と反応の間にスペースがある」というのを世の中の不確実性の中の人間関係上の摩擦や軋轢に限定して考察してみます。「刺激と反応の間にスペースがある」という意味は、人間関係から生じる行動は不確実性に満ちているという前提を受け容れた上で相手がどういう振舞いや言動をするかは選べないにしろ相手が不機嫌なら、...

今回の記事は、メルマガでも執筆した質問に対する回答のページのリライト版になります。発端は、読者の方からの以下の質問(問い合わせ)です。( 以下引用 )「 寝入りばを綺麗な気持ちにして寝入るという観念要素の更改が、なかなかうまくいかないです。どうしたら前向きで綺麗な気持ちのまま寝入れるようになりますか...

私も昨今のAIの進化に驚いている者の一人です。ですが、ただ驚くだけでは、そこに何らの発展性もないでしょう。 そこでAIの学習のしくみを知ることで、それを人間の能力成長に結びつけられないかと思い、一念発起( ※ただし、後述するようにモチベ-ションは非常に低い状態 )し新しい挑戦と言いますかPython...

今回紹介する逸話は、相曾誠治さんが執筆した超古神道著作集第2巻からの引用を膨らませた内容です。なお、相曾誠治さんの本はamazonや大手の一般書店では扱っていません。山雅房というところで扱っています。山雅房 オンラインストア(以下 相曾誠治 超古神道著作集 第2巻p85〜p88から、一部割愛、抜粋引...