STEP4 とにかく為したい願望や思いついたこと(やりたくないこと、気になること、心配事も含めて)を紙に書いて俯瞰し、課題を明確にしタスクを遂行してる姿を映像化しよう!





このステップでは、心の状態管理の方法や心の奥底のお掃除と強化( 積極化訓練 )によって
目標、理想(欲望)達成しやすくするテクニック論を述べていきます。



いろんな成功テクニック本を読むと


「欲しいもの、やりたいことを紙に書くとよい!」

「目標を紙に書いて、やることリストで管理するとよい!」

というのは多くの方が知っていて実践している方も多いと思います。




特に「 紙に、やりたいこと、欲しいものを紙に書く 」ということについては

あのカリスマ実践マーケッターの神田昌典先生も

「 紙に成し遂げたい目標をきちんと書いて、ニヤニヤ眺めて・・

その後ほったらかしにしていたら

忘れた頃に目標が殆ど全て達成されており背筋が凍った 」


と「 非常識な成功法則 」という本で、ご自身の体験を述懐されていました。




神田先生によると、「 紙に書かないダントツの成功者はいない! 」と

断言さえしています。



尤も、これについても反証例を幾つも挙げられる・・とは思いますし
これだって一種の宗教か・・と嘯く方もいるでしょう。


それ以前に、そもそも市販されてる本とかですと

ごく普通の人が目標を達成するだけの信念や意志力、克己心を培う実際の方法はもちろん


そもそも何が意識されない潜在意識を汚す行為になるか?という原則的なことすら書いてない場合が多いです。( Q&A事例※ )


また

制約を設けず、ただ欲望を紙に書くだけですと

その目標(願望)が叶っても、それが実に身勝手なものの場合、生命上進の原理原則に適ってない

たとえ実現しても原則から外れ歪みや反動を生じ、心に満足を与えないこともあります。


目標(欲望)の極端な例を挙げるなら

例えばバイクで仲間とつるんで
深夜に、ひどい騒音をまき散らして暴走行為をするのがスリルもあって開放感もあり楽しい・・
だから、そういうのを目標、理想にして紙に書き出して綿密にスケジューリングして
それを実際に実行し、それが叶って自分が楽しい・・というの・・

これって願望( 理想 )が実現して自分が楽しかったとして



自他の進化向上に貢献するどころか多くの人の安眠や安寧をぶち壊しますよね。

それに安全な交通を妨げます。

本人も一時的には楽しくても原則から外れた願望なので

長い目で見て、よいとは言えないでしょう。


このように原理原則に照らすという縛りを入れないとツッコみどこ満載でして
そもそも、このサイトを読むような方は良心的な方が多いと思ってますので、そういうのは論外として扱いますが


それでも「 書く 」という行為や、それを眺め、常に意識するというのは潜在意識を動かしやすいのは間違いないです。

ですので、こういうことを実践したことすらなかった方は

目標を紙に書くというアイディアについて

面倒がらずに実践してみてもよいのではないでしょうか?



実際のご報告でも心の力を強める信念強化と
自覚されない潜在意識のクリーニングさえ続ける土台があって


そのうえで紙に書いて

なるべく、その目標を見たり、時間を決めて読み上げるようにし


それを続けることができたら


なぜかブレイク・スルーを興すというのは、ご報告でもチラチラ頂きますので・・

ちなみに私も、これを実践して実現したものと実現しなかったものがあります。


なお


大抵の方は、日々に追われていて、かつ、いろんな不安、気がかり、雑念が心を覆って頭をごちゃごちゃさせ

紙に書くということすら、ペンが止まる方もいると思うんです。



メールなどでもいろいろな報告を頂きますが


そんなの書く気にならないし、浮かばないよ。



という方のほうが多いという現状( 実態 )だと聞いています。




ですので



どうも最近は、すっきりしないって方は・・


以下の手順で、思考自体を目に見える形で外在化させ、状態管理をするとよいのではないでしょうか?


ゆっくり頭をクールダウンさせる手続きを取って
あなたのやりたい目標・・念願を掘り下げてリストとして手で書き出していったらよいと思います。



掘り下げることが出来たらRASが起動するように氣長く、その希望と熱意を持続させる工夫をする。


この手順に素直に従うだけで



当面の作業に向かう集中力も蘇った!

という感想を抱く方もいるかもしれません。



騙されたと思って、まあ素直に・・順々にやってみるとよいかもしれません。



さて

この状態管理のために悩みや願望などを書き出す作業を開始するに際して



一番最初に大事なことは



とにかく今現在のあなたの心の鏡を占めている雑多な心配事や不安・・
気になること・・気がかりな事・・
心の鏡を曇らせる、頭の中の「 気になること 」「 面倒に思ってること 」を
先ずは、とにかく紙に移して心の曇りを払い頭のごみをスッキリさせる。


これが先決になります。


そうして脳をクールダウンさせて

次に

あなたの念願については、自他の向上に役立ち周りを幸せにすること、面白そうな事・・ワクワクすること・・
知りたい情報、、達成場面を無理なくイメージ出来て、その状況が リアルにイメージで見れて
すぐに達成できそうな気がする小さい事、中くらいの事、大きな事・・
どんどん手を使って「 起こって欲しいこと、望むこと、欲しいもの 」等を書き出してリストアップする・・


この作業をして

気になること・・気がかりなことを整理でき頭がすっきりさせてから

改めて


朝晩読み上げて心の絵を強化し

脳の中の凄い機能であるRASシステムを良い方向に働かせてやる。


RASシステムっていうのは脳幹網様体賦活系という
明確な目標( 合理的な理想 )に対して情報を選別して
心の絵に誘導する情報に鋭敏になってくれる優れもののシステムでして

それまでは気づかなかったような明確な目標にまつわる役に立つ情報

条件を満たすのに役立つ貴重な情報( 縁 )に気づけるようになる脳の凄いシステムなんですけど

そういうのを働かせて

何ができるか考え氣長く、その熱意を持続させ、そのうちの3割でも叶ったらめっけものでしょう。

 完璧主義になると碌なことないから

朝晩お題目のように読むとか、どこの宗教か・・と皮肉を込めて呟く方もいるかもしれませんが

とにかくやってみなさるとよいでしょう・・

( そうして継続させて実現するものとしないもの・・こういうのを改めて分析するとよいです )


ただ・・大半の方が現実問題が大きくのしかかって、そこに至れない場合が殆どなので
先ずは心の鏡を曇らせてる雑音の整理・・段階的にやって


わくわすくることを少しずつ炙り出して明確化していきましょう。



では

先ずはお手元のペンを取り、A4の用紙でもノートでもよいので用意し

1)気が重いこと、将来的、近未来の心配な事、、悩んでいて気がかりな事

2)何が何でもやりたくないこと、体験したくないこと、本音は、あまりやりたくないのに、ついやって不満に思ってること

3)やらなきゃいけない当面の重要で大事なこと

4)自他の進化向上に貢献できることで、やってみたいこと、わくわくウキウキすること、欲しいもの
起こって欲しい事・・望むこと・・
これが、かなわないと悔しくて悔し涙にくれそうって思ってること


これをノートかA4の紙に、箇条書きして書いてったらよいんです。

順不同でも思いついたら書いていっても構いません。

ただ、大きな責任を負っていて、いろんな悩み事や懸念を抱えてるって方が多いので

1)〜4)の手順で頭の中の芥を徐々に移して、心の曇りを、きれいにしてったら
身勝手ではない願いが案外出てきやすいと思われます。



順に説明していきますね。

先ず1)について


1)あなたの今現在における心を占めてる気を重くさせると思ってること、将来的、近未来の心配な事、、悩んでいて気がかりな事

この項目について

この頭の中をよぎることを先ずは何が何でも最優先で紙に書いて他人事として移す。



紙に移して明晰な思考をする力を妨げるノイズを減らし思考の集中力を少しよくする。


案外最初が肝心で、書き始めれるかが大事なんです!!


次に


2)の項目について


2)あなたが、何が何でもやりたくないこと、体験したくないこと、本音は、あまりやりたくないのに、ついやって不満に思ってること


こういった怖れや強い苦痛、鈍痛を感じることも紙に移して心の雑音を減らし第三者的に、他人事のように眺め俯瞰する。

あ・・こういう怖れや不安、不満持ってるんだ・・という具合に・・




さらに次の手順で


3)やらなきゃいけない当面の大事なこと



これについて書く


そうして


4)面白そうなこと、何が何でも、石にかじりついても達成させたい・・成し遂げたいこと・・
こうしてる自分が好きで、やりがいや尊い価値や理想を強く感じ、こういうことを成したくて体験したい、こういうことが起こって欲しいと願ってること
知りたいこと、望むこと
こうあり、こうなったら満たされ静かな喜びが増し幸せだろうと感じ周りも喜んでくれる向上に役立つ現実的な欲( 身勝手ではない欲望、願望 )で
自身の能力、現在の力量に沿っていて過大でも過少でもないもの

これなら達成できると微かでも信じれてイメージでき微かでもリアリティを感じれるもの


これを小さい事、大きい事、中くらいの事・・いろいろ具体的な場面を含めてリストアップする。


この際1)2)はともかく特に4)については( 「 他の方の幸福や精神的成長、倫理・道徳的観点から他の方の成長や自己陶冶の喜びを阻害しない・・
当の本人であるあなたにとって、後ろめたくならない・・氣が咎めないこと 」という条件を付けるのが相当に大事なことになります )


そういう手順で頭の中にある芥を紙に移して順々にノイズを整理して心のエネルギーを活性化し高めてやる。

重要なのは・・最初っから、やりたいこと、ワクワクすることを書くのではないということ。

恐らく出ないって方が多いと思います。

ですので

先ずは、あなたの生命用具の心の第一階層の曇りになっている頭の中の気になること、心配事や気が重い事を順々に紙に書き出し・・


一歩引いた視点で他人事として眺め



そうして・・次に心の第二階層の曇りになっている「絶対やりたくないこと」、「体験したくないこと・・」「やりたくないのにやってて不満に思ってること・・」

これを書き出し、これまた一歩引いた視点で第三者的にフーームという淡々とした目で眺める。




そうして心の曇りが晴れて頭がクリアになったら次に、、やらないといけない重要なこと、やや難しい・・ほんの少し高望みで無理があるかな・・これは無理かな・・
だけど微かながら信じれるかな・・というのも含めて身近なところから自身の欲・・自他を伸ばし喜ばせ貢献でき向上に役立つ素晴らしいこと
面白そうな事・・ワクワクすること・・知りたい情報・・こういったことを順々にどういう具体的なシーン・・具体的場面として味わいたいかを問いかけ深めていったらリスト化しやすいと思います。


とにかくこういう手順で思考のノイズを段階的に減らしながら書いてくと心の´ごみ´が徐々に掃われて頭の中がスッキリ整理されて出てきやすくなりますから。



 とにもかくにも



手を使って頭の中で、心配や懸念、不安な事・・ごちゃごちゃしたものを
吐き出し「 視える化 」できるようにすることです。





 手順は、先ずは、心配な事、近未来的に気がかりな事・・気が重い事

本来は観察対象でよりよくする対象である思考そのもののコヒーレンス( 一貫性 )を失い生産性を落とし
目標には、あんま関係ないのに・・なぜか、ついやってるって事を
紙に移しだして客観的に他人事のように引いた視点で眺め



  次にやらなきゃいけない緊急のこと、さらに自分の現時点の地力・・力量に照らして現実的なもので、

   微かでも達成を信じれて、こういうふうな形の具体的な場面を具体的なシーンとして体験したい・・
というような形で面白そうなこと、知りたいこと等をノートや手帳に移して記入していく。


 あまり考え込まずに手を使って理性心で編集して、ふたをしないで



( ただし念願については、先の・・「 気 」が咎めない・・という大枠の条件はきちんと守る・・
あなたの理知や本能をこえたとこの´ 気 ´がなんとなく咎めて、どことなく後ろめたくなる・・ってなことになると・・

深いとこで皆繋がってるし、それだけで心は本来のエネルギーを失い消極的に堕し
心の持つ生き生きした本来的命の力が思いっきり出なくなる・・幸福に導かれないと思うんで )


今まさに気がかりな事、近未来の心配な事・・思考生産性を落としてるので本当はやりたくないのに、ついやってるってこと・・等を先ず紙に移して

思考をインコヒーレントにし集中力を妨げるものを除く。

「 インコヒーレントにする 」というのは定義が難しいですが
心身のシステムが調和して機能する澄んだ状態というのを失わせる

秩序、調和、整合性、美などを失わせ

高次の直感が働く場がなくなると定義することも出来るものです。


それから、当面の重要な作業としてやるべきこと、・・そして自身の、こうなったらよい・・
こういうのに打ち込んでる自分が好きで周りにも喜ばれ役立って向上していけそう・・
こういう場面に同参し体験したい・・面白そうなこと・・知りたいこと・・などという欲を

自身の現時点での力量、能力の範疇・・僅かでも達成を信じれて目標達成を無理なくイメージできリアリティを感じるというのを鑑みて現実的と思えるものを手帳やノートに書き出したらよいです。


 手と脳・・脳と心は繋がっています。

 ですので

気がかりなことを紙に目に見える形で書き出すだけで心はスッキリしますし
心の鏡についた曇りを拭うことになるんです。

さらに望むリストを書いて、望むことに意識を向けるだけで嬉しい事に
脳幹毛様体賦活系という目標達成に向け必要な情報を集める脳の機能も
活性化します。               





もうちょっと詳細な手順も説明します。



先ずは、頭の中にある気になってること、気を重くしてる悩み事を3個でも5個でも10個でも書き出す・・

そうして気がかりでモヤモヤしてることを目に見える形で扱えるように「 視える化 」してやる・・

そうしないと・・いくらあなたの頭が優秀でも

「 あの会議報告書まだ作成してない 」 

「あ、これもメールしとかなくちゃ」とか

「あ、あの注文案件、あの人に電話確認しなくちゃな」


ということになって


本来打ち込まないといけない重要な作業を、そういうのが邪魔して・・

そういう思いばかりが浮かんできて、打ち込んでパワーを与えるべき思考の持つ生産性や一貫性を・・
がくーーんと落としてしまうし、そういう悩み事や心配事が雑音になって深いとこにあるものが出てこないのです。



最初に気がかりなこと、懸念されること・・これを整理してから、そういうことをやったほうがよいんです。

これを整理してから、そういうことをやったほうがよいんです。

とにかく、紙に、そういう心にある気がかりで心配で頭をよぎって悩ませてること・・
溜め込んだ気がかりな事を

「手」を使って紙に移してやったら心の中のエントロピーが下がって
頭脳も秩序整然となり心の明晰度が増します。


悩んで本来の思考の力が思いっきり出ないでいる自分を
少し距離を置いて淡々と眺めることが出来るのでクールダウンもできるんです。

それに

あなたのお道具の心の明晰度が高まったら宇宙に満ち満ちてる形のない物質・・繁栄せしめる氣を受け取りやすくなる。


ですから

悩み事や心配事、気がかりな事、気になってしょうがない事を、、、
心配事に自らを同化させて心の力、脳の高性能の力を失うのではなく頭から紙に移してスッキリさせてやる



たったこれだけのことで頭の混線が整理されスッキリするはずです。

なんとなく肩の荷が下りて肩こりや背中の張りも楽になるかもしれませんよ。



そうして頭にあった悩み事を、紙に移したら・・

( まあ、細かいですが・・お道具の頭を眼筋も使って緊張させ、ぶるっと左右に揺すったら尚よい )


そうして

今度は、心配事や気がかりなことを書いた紙を一歩引いた所から、できるだけ、俯瞰的・・第三者的に
その紙に書いた心配事や気がかりな事を淡々と眺めるようにします。

いわゆる、、俯瞰するということ・・そうしてやったら脳がクールダウンし違った見方ができるはずだし


よいアイディアや優先順位をつけやすいでしょう。



ちなみに俯瞰法というのは仙道の行法で、これだって奥が深く

俯瞰行法だけでも相当にいろんな各種行法があります。


ですが、そういうの説明してもしょうがないでしょう。


これだって1冊の本になる。

神秘家や仙道家になるならともかく・・

ですのでバッサリはしょってます。

もうリアリストになりましょう。


とにかく1)心配事や不安、気がかりなことを書く。

書いたら


フーム・・●●を心配だと思って不安になってるんだな・・というふうな一歩退いた客観的な考え方をするってことです。


よいアイディアが浮かんだら、1行でもよいので書いとくとよい。

こういうのについて先ずは整理させる必要がある。



もっと具体的な手順としては・・先ずは


1 頭の中の気になること、悩み事、心配事、気を重くしてる・・氣がかりなこと・・心の表面に浮かんで頭をスッキリさせない悩みを紙に書く。

例えば、私生活について

●「 今は元気だけど、親の近未来の健康面が心配・・将来どうなる・・住んでるとこから相当離れてる親の介護はどうしてったらいい 」
●「 息子の受験が心配 」
●「 義理の弟の新築祝いの贈り物どんなのにする 」
●「 中学校の転入申請どうする 」
●「 いつもお世話になってる友人への贈り物どうする 」
など、気がかりなことで心に浮かんで、すっきりしない気がかりな事
紙に移して頭をスッキリさせ書いて視える化
していくとよいです。


仕事でしたら、、例えば

●「 来月の重要な会議資料のレジュメ作っとかないと 」
●「 あの上役とのつきあいが気を遣ってしまいがちで気になる 」
●「 仕事のあの案件の進捗が思わしくない 」


健康のことでしたら

●「最近運動不足でお腹周りが気になる」
●「どうも夜更かしが過ぎて、よく眠れないな・・どうもよくない」

など、、

とにかく、頭の中に貯めこんで思い浮かび思考の明晰度を妨げ
思考のコヒーレンシーを失わせる疑念や不安や心配事、懸念すること

抽象化すれば・・重要で当面の作業の集中のノイズになって
心身の調和を乱し氣を軽くするのに役立たない近未来の心配事
不安、疑念など

これを紙の上に移す・・という意念を持ってどさっと吐き出すことです。


このとき、なぜ?Why?どうして、また、こんなことになったのだろう・・と
決して自分を裁いたり、責めたり
検討とかしない・・そういうの一旦保留・・棚上げでよいんです。

とにかく気を重くしてることや不安な事、恐れを紙に書いてやればいい。


淡々と書き出して、あなたのお道具の一つである頭の中に占めてる

「 氣がかりなこと 」「 モヤモヤしてること 」「 悩み事 」で

思い浮かんだことを紙に移し吐き出して

思考を混乱させインコヒーレントにする雑音なるものを段階的に払拭し

かつ取り扱えるように視える化させ外部化することが重要です。

なんでかって言うと思考を外在化させ頭の雑音や混乱を減らし

思考の明澄性、思考の調和的コヒーレンシーを取り戻すためです。

余談ですが・・何か重要な作業してて気を取られることがあったり
面倒な事とかよぎったら、それも紙に書いてフーンって俯瞰したらよい
そうして当面の集中する作業に戻る




そうしてあげて

( まあ、細かいですが・・頭をぶるっと左右に揺するか、眼球を思いっきり左右の端に振って緊張させ
つっぱらせるようにして脳をリセットするとよいので、そうして )

一歩引いた視点で、あっ・・こういうの心にあって頭が、そういうふうに働いて

心を悩ませ混乱させ身体を緊張させ氣を重くさせてたんだな・・

と・・その悩みや気がかりなこと、紙に書かれた心配事を客観視して淡々と他人目線で見つめる・・


そうしたら、それだけでも心のなかが軽く感じられて

少し混乱が整理されて、すーっと肩の荷が降りてスッキリしてきませんか?


それぞれの項目について・・思考のノイズが減って混乱が鎮まったら

解決できることかどうか考え・・

棚上げでもいいけども


解決のアイディアがあれば一個でもよいので書く。

自分の閃きをパッとメモする。

そうして少しスッキリ出来たら‥次は


これは絶対にやりたくない・・体験したくないという怖れ、不安、さらに思考の生産性を落とすので、本来は、やりたくないのにやってること・・不満を書く。

やりたくないのにやってること・・不満で言えば・・例えば

●「 無意味なネットサーフィン、思考の有意注意力を落として力をそぐので、やりたくないのに、ついついダラダラやってることがある 」
●「 頻繁なメールチェックをついついやってる 」



そうして、そういった不満も紙に移してあげたら

( まあ、細かいですが・・紙に書き出した後に、頭をぶるっと左右に揺するか
眼球を思いっきり左右の端ぎりぎりに振って緊張させ、つっぱらせる )


そうして

一歩引いた視点で俯瞰して

あっ・・こういうの頭にあって、お道具の心が不安や恐れ、不満を感じて

思考の明晰性、調和性、一貫性、生産的創造性を落とすので


本心では、やりたくなかったのに・・つい、やって不満があったんだな・・

フーームと一歩下がった視点で客観視して見つめる・・




それが出来・・ノイズが減って、心のエントロピーが下がって
心の調和や秩序が戻って、さらにスッキリしてきたら




3つ目に

重要で緊急ですべきこと、やらなきゃならないことを書く


これについては、もっと細かく書けますが、このページでは触れません。

ここまで書くだけでごちゃごちゃしてたものがすっきりし当面の重要な作業にも向かいやすく完遂しやすくなるはずだし






恐らく心に蓋してた秘めたものが割に出やすくなるはずです。






4つ目に、、ここでやっと

あなたの心がわくわくしたり嬉しくなるようなこと、創造的な事
( 出来れば人のやってないような事 )

ここをこうしたら、もっとよいんじゃないか?とか

これは自他を喜ばせ向上に役立ちそうだからやってみたいこと、望むこと、成し遂げたいこと、貢献したいこと

ここが、こうなったらもっと満足できて嬉しい・・とても幸せを感じるだろう・・
こうしてる自分は好きで、こういうシーンを体験として味わいたいっていうこと、近未来に、こういうの体験したい・・
面白そうなこと・・欲しいもの、知りたいことなどの欲で無理なくイメージできて確かな感覚を伴って
その状況について、 リアルにイメージで見れて達成を信じられる合理的なことで小さいこと、大きいこと

そういうのを無邪気にリストアップし目標設定して宇宙へのオーダー一覧にして考える時間を作っていく


こういう手順で、頭を徐々にクールダウンさせリセットしつつリストアップし明確にすることで
自分自身の奥まった秘めたとこにある価値観も炙り出されてきて
それを達成するにはどうしたらよいか?という情報を探してくれるRASシステムも
良い意味で活性化します。

ここをもう少しこうしたら・・とか・・

自分にしかできないことで役立てることは何か?とか自問自答したりすると

こうあり、こうなったら幸せだという欲望に対する優先順位や重要度も明晰になってくる方もいるはずです。

そうして望むこと、理想が明確になったら近づくために何ができるか?この目標に誘導するには何を習慣にしたらよいのか?
念願に思いを寄せ現実にするための方法を練る静かな時間を設ける。



とにかく最初に気がかりなこと、心配事、不安や気を重くすること、怖れ

もうちょっとこうあったら・・とかいう不満などの頭の中のものを

具体的に箇条書きしてノイズを吐き出し・・淡々と俯瞰した後に


今度は、やるべき作業、やらなきゃならないこと、ここをこうしたら・・とか・・
楽しい事、面白そうなことを順番に思考のノイズを減らしながら順に書いていく。



そういう手順だと脳のノイズを減らしてる分、書きやすいはずだし






例えば4つ目の項目の近未来に望む具体的シーンとして楽しい事を書くのだったら


●×観光旅行でリフレッシュ

といったのでもよいので・・そういうのを、どんどん紙に移し出す・・ワクワクする望むことリストとして、そういうのを紙に移したってよいんじゃないでしょうか?


リフレッシュは大事で、そういうのだって別に構わないと思います・・

読者の中には「 芸能人の●△さんに会う・・」というのをリストとして書き出してオーダーにしてて


リストに入れてたら書いたのも忘れてたんですが、ふと見直してみたら本当に叶ってました・・面白いですね!

と言う報告をくれた方もいます。


そういうのでも構わないです・・勢いっていうか助走をつける意味で・・


それに、先に挙げた「 ●×観光旅行でリフレッシュ・・」というリストが叶ったからとて

自分の人生の終焉、最後の一息を吐くときに、後悔しませんよね。


「 他の方の幸福や精神的成長、倫理道徳的な点から、氣が咎めない・・後ろめたくもない 」

と感じるなら、そういうのも構わないと思います。


とにかく頭の中にある、いろんな嬉しい事、楽しそうなこと・・
これがもう少しこうなったら・・とか・・これを為せたら誇らしく嬉しいだろうなという明るいわくわくすることを吐き出し
宇宙へのオーダー表としてリストアップし、すっきりさせたらよいと思います。





リストアップして頭の中にあるものを外在化させたら、いろいろ見えてくるものもある・・いろいろわかってくるものもあると思うんで。



( 私も、あえて告白しますが・・ )

私の場合は、インドのヨギ聖者の本などが影響し、以前と比べたら、少し軌道修正し

よりシンプルでコンパクトな暮らしというのがよいということで、ライフスタイルを構築し直してきたんですが

「 念願については、他の方の幸福や精神的成長、倫理道徳的視点から気を咎めさせない・・
人格陶冶の喜びを阻害しないこと 」という制約下で

この制約に抵触しない・・別に部屋にあっても・・まあ別にいいよね・・というのもあったんで

 高級マッサージ機を部屋( 書斎 )に導入 」ってのを、なんとなくリストに入れてたこともあるんです・・


ちなみに、これ・・望む(欲しい)こと、モノのリストに入れて、新しい現実として、使ってるとこを空想と言いますか場面ごとイメージして

そういう現実に身を置いて使ってる自分自身をイメージし、それを実現させるのにどうするか思いめぐらしたり、そこから抽象度を上げて望む対象物を作り出している源にも思いを馳せる機会を持ったことがあるんですが



そういう刷り込みを続けて、RASの自動誘導装置に委ねて、ほったらかしにしてたら・・


実感を先取りしたことすらも忘れた頃に入手していて

その後、しばらく経った後に、そういうことを願望リストに書いてるのがポロリと出てきて

ええっ!ありゃまあ・・リ・・リストに入れてたんだ・・忘れてたと驚いたという顛末もあります。



なので・・まあ・・先の手順で頭をクールダウンさせ、とにかく頭の中にある思考の一貫性を妨げノイズになってる
心配事、気がかりな事、不満や義務や責任の伴うやらなきゃならないこと
ワクワクする明確な欲やらなにやら、ごちゃごちゃしたものをリストアップして分類してったらいろいろわかってくることもある。

とにかくやってみないとわからない。


以上を踏まえて


1 気がかりなこと、近未来の心配事、悩み事で思考のノイズになって頭にあるのを紙に移すつもりで吐き出して


頭にある気がかりな事、悩み事を紙に移せたら

( まあ、細かいですが・・頭をぶるっと左右に揺するか、眼球を思いっきり左右に振って、つっぱらせて脳をリセット )

そうして第三者的に・・一歩引いた視点で、紙に書かれたものを眺めて・・

その一つ一つのことについてやれそうなアイディアを1個でも2個でも書けたら・・
( アイディア書けなくても棚上げでも今のところはよい。思考を明晰化させ、心のコヒーエンシーを高めるのが目的だから  )





次に

2 心の中に去来する体験したくないこと、絶対にやりたくないこと怖れ、不安・・
 さらには思考生産性を下げて・・やりたくないのについやって不満に思ってること
を頭の中から掃き出すつもりで紙に移し書いて 紙に書いたら

( まあ、細かいですが・・頭をぶるっと左右に揺するか、眼球を思いっきり左右に振って、つっぱらせて脳をリセット )



 これまた第三者的に・・一歩引いた視点で俯瞰的に淡々と書いたことを眺めてやる。


※悩みや心配事、怖れや不安、不満、心地悪さや苦を感じることは俯瞰的に・・一歩引いた第三者的中立視点で・・

 向上の役に立つ素晴らしいことや重要に感じること、心底ワクワク嬉しく明るいことは
そこの場面って言いますかに没入して漲る力を味わう感覚で・・っていうのが、まあ、意外にコツだったりします。




そうして



3 義務と責任の伴う「 ( 当面の )重要な、やらなきゃならないこと 」で頭の中にある気になること

やらないといけない事
をやはり紙に移し出して頭のノイズを減らし心を楽にして作業効率を上げてやる・・





それが出来て頭がクールダウンして心が澄んできたら




4 心がウキウキするやりたいこと、小さい事、大きい事、リアリティを微かでも感じれるものをいろいろ場面ごと書き出せるだけ書いたらよいと思っています。




恐らく


生涯を通じて目指していく、幸せのかたち・・強い生きがいと熱量を感じる重要な願望のリスト項目も
4番目の結構大変だけども人に必要とされ生きがいを強く感じる・・ということの項目で出やすくなるはずです。

しかし残念ながら1、2、3番を書き出して頭をスッキリさせ少しずつ片づけないことには、、、
なかなか本来の重要なことに打ち込めないし信念を高めなきゃ絵に描いた餅になるし
潜在意識の本来の力や思考の力も出てきにくいでしょう。


ちなみに、この使命的なものってのは、他人の力になれて喜びや生きがいを感じれるようなこと

これ叶わなかったら、もうどうにも悔しいってことは?という

嬉しい・・熱くさせワクワクするか?っていうのとは対極の叶わなかったら悔しくてたまらないという裏の質問で出てくる可能性もある・・

これ叶わなかったら3日3晩おいおい泣き暮らすかも・・っていうの・・あったら、そういうの書いて、リストにした望む事柄に対して
近づくために何が出来るかを思いめぐらし、実現をもたらす源にも抽象度を上げて思いを馳せる機会を持つ。




あとは・・真の意味での重要なことや願望っての

これって実際のとこ・・幸せや満足に直結する価値高いものであればあるほど・・目に見えない類のものです。

大切なものは目に見えない・・

更に言うなら、そういうのを維持するには

見えないところの内面的向上、意識の進化が重要になってくるし

持続的な・・水面下の努力が必要で
実現できるほどの思いにまで強くするには信念強化や決意、持続力など総合的に取り組む必要があります。



特に大事なのは潜在意識のお掃除でしょう。


ここが汚れて劣情や嫉妬、憎しみ、怒りなどの消極感情や肉体感覚に振り回されたり



浮ついた不埒な気持ちが恒常的になったり、謙虚さを失ったりしたら

身から出たさびで思わぬ不幸に落ち込む場合が多く

信念のボルテージが下がりますので決意もくじかれますよね。



いずれにしろ自己陶冶とか、決意を強くするとか・・人格的な向上といったものは、眼には見えませんが
価値が高い分、より重要で研鑽を伴うし、本当は大事なのに疎かにされがちなことではないでしょうか?

なので、そういうのも・・できればリストアップし、現実化するくらい強い思いに強めるための様々な工夫をしたよいと考えます。

これは、価値観の押し売りになるとよくないし経験則に基づく私の考えなんで無理強いは出来ませんけど

とにかく


目に見える形で頭の中のものを先の手順でバサッと移して書き出して



明確にできたらそれだけでも頭の中のノイズが消え去り
思考の明澄度も高まり、すっきりします。



悩みや気がかりなことは書いて第三者的に一歩引いた視点で俯瞰するだけでも

「 悩みや気がかり 」というのから離れることが出来て思考の本来の集中する力を取り戻せる。

さらに

念願については、書き出したほうが、もやもやしたものが少し具体性を帯びたものになって
視界がスッキリ明るくなって思考がクリアになりやすい・・わけなので・・


このような手順を踏んで

 あなたが「 他の方の幸福追求の権利を侵害しない、精神的成長の喜びや愉しみを邪魔しない 」
という条件付きで書き出した( 書き出そうとしている )


こうあり、こうなったら幸せを感じるという現実的で、あなた自身の能力に沿った成し遂げたい念願のリスト


 実は、「 書くこと 」は、それだけで行動の第一歩なんです。




 達成するための設計図( 青写真 )を作って宇宙に協力してもらう足がかりになるんです。




 私があなたに、心配で気がかりな事、絶対やりたくないこと・・やらなきゃならないこと、やりたいことを順々に書いてもらうことを薦めるのは

多くの方は頭の中にノイズが多すぎて整理できないという方が大半で自分の念願であると思っていることを漠然と、ぼんやり考えてるだけで

エネルギーが散りがちで、選択肢が多すぎたりして、心の力を集めるために選択肢減らす工夫をしてないので
心のエネルギーがすり減りやすいですし
頭の中が、ごちゃごちゃし過ぎてすっきりしてない方がほとんど・・

そうしたらパイプが目詰まりして宇宙の協力を得にくいでしょう。


それに

たいていが、もう漠然と、もやもやしてるばかりで

何を優先、重点的に準備すべきか?自分の先ず出来ることは?ここを工夫できないか?

というとこまで自分の欲望( 望み )を深く掘り下げて、それを現実的なものとして体験するのに
意識を集中せしめるほど明確にし煮詰めてない場合がほとんどだから・・です。



さらに

心の大部分を占める潜在意識の貯蔵庫が消極的なマイナス因子でいっぱいになると
目詰まりし宇宙( 天 )との結び目が、ほつれてバックアップを受け難くなるし

過去の失敗や挫折・・弱く小さい自分が呼び出されやすくなって気持ちが挫かれやすくなる。




不愉快な事でも逃げずに楽しくやる力とも云うべき高次の意志の出力が衰え

心に使われ、すぐに、モチベーションが下がって、ぱったり止めてしまったりする・・場合が多いわけで

その理由は、いろんな要因がありますが


そもそも書き出してない


さらには

きちんとした手順で整理的に書き出さず・・思考のノイズが多すぎて
本当に望み求めてることを明晰、明確化できてない・・ということもある。





なお


  「 自分は何を本音でしたくないか? 」という問いは

類似したことを確か神田先生もおっしゃっていたかと記憶していますが

 自分の「 適性や本音の思い 」が出やすく、人それぞれの適性や潜在能力も明確になりやすいのです。





 
とにかく、、頭の中にあるいろんな心配事、悩み事、気がかりな事・・これを書いて俯瞰し
氣の力や思考の本来の力を取り戻して、、手順にそって、今の時点で信じられることで微かでもリアリティを感じるものについてきちんと書いて思考を明確にすること





やりたいこと、これまで、やれてなかったことや

  向上に役立ちそうでやってみたいこと・・楽しそう・・面白そうな事・・周りの役に立って求められ必要とされてること
成し遂げたいけれども、やや難しく感じている・・だけども、微かでも信じられて現実感を微かでも感じるってことも・・

とにかく・・先ずは頭の中から紙に移してリストアップし、機械的に読み上げ
その状況をなるべく リアルにイメージで見る機会を設け淡々と続けることが、平凡なことですが
RASシステムを活性化し潜在意識に協力してもらって
必要な情報に出会ったり、アイディアを閃いたり、目標を手繰り寄せるのに重要な人を引き寄せたりして協力してもらうのに
最初の一歩として肝心かなめです。( 何らかの兆しを感じるには21日間が目安 )









気がかりなことや心配事、悩み事、不満な事は紙に移せて心のエントロピーを下げれて思考の明晰度を取り戻せても・・
重要な念願リストが、なかなか書けない・・うずきとして出てこない・・という方は

天的で使命的で重要なのほど思考のノイズの下に埋もれてたりするんで


これをやらなかったら後悔するかもしれないというのを炙り出す方法


っていう、終わり「 人生終焉の最後の一息 」から考える方法っていうのをやってみたらよいです。





重要で使命的なのほど思考のノイズの下に埋もれてたりするんで

先の手順に沿って書き出したら

4番目の項目については


頭の中の「 気がかりなこと 」等を紙に移して・・一歩引いた視点で俯瞰し 心のエントロピーを下げ思考のノイズを除き去って



やらなきゃならない・・締め切りが迫ってて切羽詰まってるってことも書いたほうが捗るはず・・
それに、これまで、やれてなかったことなども先の手順でやったら炙り出やすくなる。


  そうして・・どうしても、やってみたいこと・・自身の能力のやれる範囲から、やや難しく感じるけれども
微かながら今の自分でも実現を信じられる・・こうなったらきっと満足を感じる・・周りの役に立って求められ必要とされてること・・

これやったら向上できて、周りの役にも立つ大きく貢献できる重要なことで得意で自分にしかできないと何となく思えること・・
面白そうな事・・こういう場面を味わいたい・・という達成したいことを手を使ってリストアップし視える化し宇宙へのよいオーダーとして明確にすること
です。
明確にできたら、氣長く、刷り込んで集中し、その希望と熱意を持続させる。望む対象をもたらす源にも抽象度を上げて思いを馳せることを繰り返す。


いろんな頭の中にあるものを吐き出し書いたり考えを練って、思考を集中させるのに、お金なんてかからない・・ですよね。



そうして


簡単でよいので

未来にこうありたい、こうしてたいとか・・ここをこうあったら、もっと満足できる・・とか
面白そうでやりがいを感じやってみたいこと、幸せを感じるような達成したいこと、貢献したいこと・・を書いて

やってみたいことや体験したいこと等は自身の実力( 能力 )と現実に沿ってて
僅かでも実現を信じられリアリティを感じるものということで書き出し、きちんと整理して目標設定し優先順位化して眺める機会を持つ
眺めるだけでも希望と熱意は持続しやすいです。

大事なのは、どんな現状であろうと、望むことにフォーカスし、どうすれば達成できるかは

RASが機能不全になってるのが、調子が戻って温まってからでよい・・そんなのは後回しでよいってことです。



こんなの紙一枚とペン1本で出来ますよね。


ここまで書いたら・・ちゃんと書き出してますよね。

それでも気持ちが出てこないって方は

18秒でテンションを上げる方法をお試しください。



書き出してる方は

書き出してるものについて


それを分類し・・「やりたくないこと」を明確にしてから、今度は「やりたいこと」を明確化出来たら、それだけでも反作用の法則が起きます。



 つまり、自分勝手に「やりたくないこと」をとおすのならば、自分が選んだやりたいことは

120%以上の情熱を注ごうという氣になりやすいんです。

「やりたいこと」と「やりたくないこと」に決着をつけ、曖昧にしないことが非常に重要です。

そうしてから

周りの役に立って求められ必要とされて
天とのつながりを感じることというので折り合いをつけていく。





 1および2 心に去来し浮かぶ心配事、気がかりな事、やりたくないこと、体験したくないこと
本来やりたくないのにやってることを紙に移す・・
そうして( 頭をぶるっと左右に揺するか眼球を左右ぎりぎりにぶんぶん振って脳をリセットし )

第三者的に・・一歩引いた視点で紙に書かれた心配事や悩み事を眺める

   ※自分を責めない責任追及はしない・・棚上げ・・保留がコツ

それが出来てクールダウンして心が落ち着いて澄んできたら


3 義務と責任の伴う「 緊急でやらなきゃならないこと 」で頭の中にある気になること、片付けにゃならないことを紙に移し出す・・





それが出来てクールダウンしてきたら

4 面白そうなこと、何が何でも、石にかじりついても達成させたい・・とか
 ここがもっとこうなってたらもっと嬉しい・・とか
他人の力になれるようなことで成し遂げたいこと・・こうしてる自分が好きで、やりがいや価値を感じること
未来にこうしてたいってこと、体験したいこと、知りたいこと

小さい事、大きい事、リアリティを微かでも感じれるものをいろいろ書いて
質問をすることで具体的シーンにして、そういうのを込みで目標設定していったらよいと思っています。


 これも頭の中にあるものを吐き出し書き出してリストにし

 周りからも喜ばれて使命的なものというので大体の方向づけもつけれればよいですが、頭の中にあるものを書き出して
思考の雑音を整理するのが先ずは最初にやることです。




そこまで、出来たら


書き出したものについて、どういうふうにしてくか?


については

 目標明確化後に重要項目をどう炙り出し時間を作っていくか?

 その後、行動で押して思いを強くするにはどうするか?について

 目標明確化後の手順を参考に行動管理をするとよいでしょう。




 これを読んでいるあなたは、きっと、「 心配事 」も整理して俯瞰してるし「 やらなきゃならないこと」「やりたいこと」、「やりたくないこと」等を紙に書いているし、「過去と決別し」頭も心もスッキリしていると信じて



くどいようですが、3個でも10個でも20個でもよいのでノートか手帳に書き出してますよね。


それをあなたが実行してたら、私は嬉しい・・そして眺める気になってたら・・この頁のSTEP4でのミッション達成です。


あとは

望むこと、知りたいことなどをリストに書いたものを先ずは21日( 21回×朝と晩の2回 )読み上げて実現した状態を脳裏で心の絵にすることです。



もし手帳かノートに書き出せてたら・・こういうことをわざわざ1日かけてセミナーで強制的にやらせるものもありますので・・

そのためだけのセミナーなんかもあるんです・・あなたは知らないかもしれないけど・・


そういうセミナーで強制的にやらせてすら・・リストが20個も出ないって方もいると聞いてます。

現金な考え方ですが・・このページを読んで・・思考のノイズを減らして10個でも20個でもリスト化出来たら・・
セミナーに行って、ひねり出せた方と同じですから旅費を使ってわざわざセミナーを受講し10万円以上を投資した方と同じ・・
ということなんで、その分得したことになりますよ。

もちろん、10万円投資してセミナーに行った方は、そういう覚悟で臨んでるし
「 その場、その時でしか味わえない空間 」ってのあるので
それはそれで相当に価値が高いし意義があることだったと思いますけど。

とにかく・・大きい事、小さい事リストアップして

完璧主義になる必要はない・・やらなきゃならないことはやむを得ないけど・・やってみたいことで楽しい事・・かなえたいこと・・そのうちの30%でも達成出来たら楽しいし
嬉しいし、めっけもんじゃないですか!


その書いた紙を、どうするかは・・目標明確化後の手順、行動へのエントロピーを下げるに進むとよいですし


そういうのも、読んでて、お済の方は


次のSTEP5 潜在意識領のクリーニングを加速し、成功の積極的思考習慣をつける方法 に進んでください。

このSTEPでは持続性をつけていく習慣性について掘り下げています。

これを日課にしたら仕事や生活に大きなブレイクスルーを興せるのに・・と思いながら

これまでやろうやろうと思ってやれてなかったことや挫折しフラストレーションを感じてたこと、その理由がわかって

そういうのから少しずつ解放されていきますし

今まで挫折してきたことを、もう一度チャレンジしたくなる方も出てくるでしょう。

とにかく大事なのは

どうしたら心をクリーンにできるのかしらん??
また、どうしたら現実化できるほど想いの力を強くできるのか?ってのをよく意識し

普段から意識づけして心の奥底の浄化と強化に努め波動を上げていくことです。

そうしたら目標設定とかしなくても、あなたに相応しい形で思わぬ願いを心がかなえてくれたりします。


そうして、自己陶冶し信念強化などの暗示を継続出来て現実化しうるほど強い思いに強めることが出来たら生活も変わっていくはずですから。




STEP5へ