このページでは

 

「 18秒でテンション( 闘志力 )を上げる方法 」について述べてみます。

 

頻繁に使うような方法ではないですが闘志を掻き立てることが出来ます。

 

 

 

このページのノウハウで連想統御することで

 

この「瞬間だけ」でもアドレナリンを出して

 

 

「 ●●面倒だなぁ・・」「 なんだか・・気合が入らないよ 」

 

という思(想)いの始末を即席でつて、一気にテンションを上げて、あなたの闘志に火をつけてもらうことが出来ます。

 

 

 

 

その方法は簡単なので

 

 

前振りの説明を先しておきます。

 

 

 

 

さて

 

 

 

あなたに質問ですが

 

 

俗に言う「 凡庸から非凡になっていく方 」の特徴は何だと思いますか?

 

 

 類まれな才能を発見し培ったこと・・ 鋭い洞察力・・ 世間の思惑や常識にとらわれない先見力・・

 

立ち直りの早さ、粘りと強い信念・・根気・・ 愛・・

 

 どれも正解なのでしょう。

 

心の積極性と現状を脱する素朴な問いでも明確にしてるので、よくお読みいただいてる方は

 

 

また同じ質問ですか?くどいですね!

 

とツッコミを入れる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

 しかし、私が問うているのは、そんな常識的な優等生の答えではありません。

 

 

 

 

 私が感じる非常識的答え

 

 

それは・・・

 

 

( 非凡になっていった方から怒られるかもしれませんが )

 

 

ガッツ、闘志<GUTS>とコンプレックス・・反骨心」です。

 

 

 

 

 そういう目で彼らを見つめ直してみてください。

 

 

 

 

 伝記を読んでみても良いと思います。

 

 きっと新しい視点を与えられ、合点していただけるはずです。

 

 

少しずつ非凡になっていった方は

 

 

「なにくそ!!今に見てろ!」という

 

このナニクソ!の反骨精神・・強い負けん気、闘志力を
強烈な発展・発奮・創造的な向上のエネルギーとして転化して、未来のこうありたいという理想の自分に向けての準備の力にし
少しずつ実力をつけていったのです。

 

 

 

 

 

 あなたも、誰かから鼻でははん・・とせせら笑いされ、馬鹿にされて、なにくそ!負けるもんかぁ!くっそぉー!という強い怒りと憤りの気持ちになったことはありませんか?

 

 この強い感情を思い起こしてみてください。

 

 


●それは、誰から言われましたか?

 

●それは、いつ頃ですか?

 

●それは、どんな情景でしたか?具体的に思い出してみてください。

 

 どうでしょう?ノルアドレナリンが分泌されるのを感じましたか?

 

 腹の下の方に気持ちが漲って歯を食いしばっている自分に気づきましたか?そうであれば、このワークは成功です!

 

 

 

 

 そういう思い出とともに、なにくそ!こん畜生!!負けるもんか!という思いは、湧き上がってきましたか?

 

沸きあがってきたら、心の中で強く叫びましょう!

 

 

そうだ!私は必ず彼ら(彼女ら)を優れた実績で見返して
彼らの積極的発奮材になってやる!と力強く誓ってください。

 

 

 

 なにくそ!!!という闘志が湧き上がるまで気持ちを掻き立てて何度でも挑戦してください!

 

 このように、怒りの感情を大きな欲を達成するための瞬発的なエネルギーとして方向づけて活用してください。

 

 くじけそうになったら思い出して、奮起、発奮してください。

 

 どうでしょうか?少しはテンションが上がりましたか?

 

 

 

頻繁に使うような方法ではないですが闘志を掻き立てたいときは、こういう方法もありますのでお役立てください。

 

7つの習慣と心身統一法というページで塙保己一の事例をエピソードを交えて掲載していますので参考にしてください。