このページでは

 

 

 

STEP4で書き出せたものについて、その後の、その念願( 目標 )を達成するために必要なことを実行する際の
タスク管理や行動する際の心理的な阻害要因をどう取り除いていくか?
希望と熱意を如何に持続して堅忍不抜の積極精神を養っていくか?

 

ということについて述べていきます。

 

目標設定が創造性も高めるということについては

 

大脳生理学をよく研究なさってたことでも有名な新日鉄の元会長の武田豊氏も指摘しています。

 

 

以下抜粋引用してみますが

 

 

(ここから)

 

先ず「 目標を設定 」すると「 思いをめぐらす 」という心の動きが大脳の中の前頭連合野( ぜんとうれんごうや )
というところで出てくる。

 

この思いをめぐらしてる間に今まで得た知識を組み合わせる作業が始まる。

 

これを普通は「思考」と言っているが、この思考を行って「ひらめき」が発生し、創造的なものが考え出される。

 

したがって創造は偶然から出てくるものではなく「 目標を設定しなければ創造は出てこない」ものだ。

 

( 武田豊「 管理者に必要な心の分析 」 日刊工業新聞社 1985 ) 

 

 

 

と述べています。

 

 

 

 

 

さらに

 

きちんと自分が望むことを具体的に目標として設定し

 

その後・・その書き出した目標を達成するのに、どう扱うかってのも意外に重要です。

 

 

 

かく云う私も‥幾ばくか、こういう分野の研究をしてきた者の一人なんですが

 

 

 そういう視点で私も数多くの成功指南書等を振り返ってみて・・・

 

 

 発見したことがあります。

 

 

ここまで書いてったらピンと来る方も多いんじゃないでしょうか??

 

 

 

 

 

 

そうです。

 

 

 

 

傍からは不可能と思えるようなことを可能にするような優れた業績を挙げてる方は
心が強く信念も強い・・心の態度が積極的であるというのが伴っているというのが前提の上で

 

 

ゴールデンゴールデックスというかたちにしろ

 

成功手帳というかたちにしろ

 

想念ノートというかたちにしろ

 

神田先生のようなルーズリーフにしろ

 

目標設定シートにしろ

 

目標管理○○にしろ・・・

 

 

 

とにかく共通項は、´かたち´は関係なく

 

 

 

高い業績を上げてる方は、おしなべて信念が強く

 

刷り込んで望んでることが実現した映像で心内を一杯にする機会と時間を確保し、ある一定期間、辛抱強くこれを続けて累積し潜在意識層に刷り込み兆しをつかむことに長けていた 」

ということです。

 

 

 

では、書き出して、潜在意識の深い領域に刷り込むプロセスを経た後に、かすかな兆しを大きく増幅させるにはどうしたらよいか?ということについては

 

STEP4で書き出したもののうち

 

 

2)あなたが、何が何でもやりたくないこと、体験したくないこと、本音は、あまりやりたくないのに、ついやって不満に思ってること

 

3)やらなきゃならない当面の緊急な事

 

4)面白そうなこと、何が何でも、石にかじりついても達成させたい・・価値高く感じる事・・他人の力になれるようなことで価値を感じ自己の望む成し遂げたいこと・・
こうしてる自分が好きで、やりがいやワクワクを強く感じること
体験したいこと、深く知りたいこと
こうあり、こうなったら満たされ顔が紅潮・興奮し幸せだろうと感じ周りも喜んでくれる向上に役立つ現実的な欲( 欲望、願望 )で自身の能力に沿った・・
これなら達成できると微かでも信じれて微かでもリアリティを感じれるもの

 

 

 

こういったことを紙に書き出し、書き出したリストの中の2)のリストを見てもらって

 

 

 

思考のコヒーレンシーを高める行為とは思えない・・とか

 

価値を感じる念願を実現するのに

 

 

2)の項目をリスト化したとき、意識化出来た方もいると思うんですけど・・
 あまり意味がないのに、つい暇つぶしにダラダラやってることがあって不満に思ってるってこと

 

 

 

そこに書き出したことを第三者の傍観視点で俯瞰し

 

 

 

何か、これを止める替わりに、これをやったら思考のコヒーレンシーが上がって
少し大変かもしれないけど興味もあるし楽しそう・・もっと満足する結果になって、よさそうだ!というやってみたいこととかが出たら・・

 

 

 

この行為の代わりに、思考創造性や生命の質を高めて
目標リストを達成するのに必要なことで貢献しそうだ・・
本当に成果をもたらすはず・・そういう行為をやれないか?思考を集中する。

 

 

これについて出てこなくてもいいけど、必要なことが出てきたら書き出して吟味する

 

 

 

 

2)で書き出したなかで

 

 

第一歩として私は何を止め、何を第一歩としてやる必要があるのかな・・


 

という質問を自分の心に問うことです。

 

 

そうして

 

 

3)望むことを実現するために何を持続してやっていったらよいか?価値高い念願に向けて成果をもたらす小さなこととして必要なことは何か?私は優先的・重点的に準備し実行する必要があるのか?
ひっかかってることは?と俯瞰し逆算しながら次の一歩を挟み撃ちにするような形で自らの胸にそっと質問する

 

必要な力を少しずつ付けられてこの重要な、もっと満足できる念願の状態に近づくのに、どういう取り組みが必要かしらん?

 

現時点で最も実現可能性が高く、最も効果が高いと自身で感じられる取り組みは、なにか?そっと質問する。

 

なお答えは閃かなくてもいい。

 

 

一番重要なのは信念を強めて心の態度を積極的にし
4)の望むことを朝晩読み聞かせ望むことがそうなった状態というのを
映像的に刷り込んで注意を集中すること・・繰り返して蓄積させ
継続的に刷り込んでいる事柄に関する微かな兆しを探すこと

 

 

 

どういうことに・・何にどういうことが必要で、実現(実行)可能性も高く最も効果が高いことで小さなことで取り組めることはなにか?なにがひっかかってることなのか?

 

それを俯瞰しながら逆算し思いつくままに書いて、可能なら、いつまでにやるかも書く。

 

出来れば期日も書いたほうがよい。

 

 

ただし

 

どうしたらいいか??は一時棚上げでもよい。

 

 

これもマイナスの記憶が充満した潜在意識のクリーニングに努めつつ望むことを朝晩読んで銘記すること・・繰り返して望んでることの心の絵を心内で強くすることには敵わない・・
こちらのほうが重要です。

 

最重要事項は、望むこと、知りたいことなどをリストに書いて
先ずは21日( 21回×朝と晩の2回 )読み上げて実現した状態の絵を強くすること
微かな兆しを探すことでして

 

この2つが大事です。

 

( 特に微かな兆しを探すことは、やってない方が多いですが重要です )

 

愚直かつ機械的にでも続けてると、やがて、それが意識の底に溶け込んで
目を瞑っても、それが心眼に映ずるようになる・・
そうして関連した情報が集まりやすくなる
この心眼に映じて鮮明になったものが熟成されて
微かな手ごたえを感じたり、微かな兆しを見つけやすくなるはずなので・・・

 

 

 

 

なお

 

やりたいことを考えて計画したり自己の欲する夢を想像して望む事柄や望む場面を繰り返し繰り返し刷り込んで、そういうのを心内に実現した映像として描くのに時間を使ってやったり、クンバハカ密法などの方法を取り入れることで体からもアプローチし丹田開発し気力を蘇らせるのだって
あなたは、もう方法を知ってるんですからお金なんて一文も、かからないですよね。

 

 

 

 

さらに

 

 

4) どういう壁や困難・・克服すべき課題があるか?

 

 

 

5) 念願を達成するために、今の自分に実行可能なことで何が出来て、どういう準備や手順( 計画 )が必要で、どういう取り組みが成果をもたらすのに最も実現可能性も高く効果が高いと思われるか?
  ( 閃かなくてもよいので目標を達成するために必要なことは何か?質問する癖は付ける )

 

4)もシンプルな形で、これまでのことも踏まえて簡単な箇条書きでよいので俯瞰して書き

 

別に思いついたのを書けばいいだけ、思いつかなきゃ書かなくていい。

 

 

最も重要なのは望むことが望んだ状態になってるとこを視覚的に刷り込むこと・・RASシステムを活性化するのに只管繰り返すことなんで・・

 

 

 

 

 

 

5)もシンプルな計画や手順として、とにかく書き出して・・いつまでやるか・・大まかに日付を入れる。

 

 

 

こういうことをするのだって、、、辛抱強さは要求されますが

 

 

丹田開発し気力を蘇らせつつ実行すると

 

実は・・何を隠そう・・脳幹網様体賦活系という脳の凄い仕組みが働いて
RASが発動する´いい情報´が飛び込みやすくなるし熱意を持続することに役立つんです。

 

 

 

 

 

そうして、3)から5)について、向上に役立つことなので自分との闘いや困難を覚悟はする・・

 

しかし、必要なことをしてるのを描くときはその行動が「 辛くない・・苦しくない 」ように深くさせて喜びを伴うものとして
体や脳を騙して刷り込む。

 

 

最優先で重点的にやるべきことは、信念を強める事と潜在意識の改善

 

神経生理の方面では脳幹網様体賦活系という脳の凄い仕組みが働いて
RASが発動する望むことに誘導せしめる´いい情報´が飛び込みやすくなるように
´望むこと´を視覚的に刷り込む・・そして微かな兆しを探すことが大事

 

 

で・・

 

 

できれば・・ということで、先の目標のリストのうちで他人の力になれるようなことを含んだ目標のうち重要と感じることについては

 

 

私 ●● ●●は、△年〇月□日までに、〇〇〇〇〇〇〇〇〇( 具体的目標、望みを明記 )を
達成するために、今日( 手記の日付 )を以て△△△△△( 努力の程度内容を明記 )の実行に着手し
決して中断しないことを約束する。   〇年〇月〇日

 

などと書いて朝晩読み上げ、読み上げたときに臨んでる場面を視覚化する・・望むこと、知りたいことなどをリストに書いて21日( 21回×朝と晩の2回 )読み上げて実現した状態を絵にする・・、それらを成すのに何が必要かを考えることです。
そうしてその際に望むような場面を実際味わうのにやるべきタスク( 上記の△△△△△ )に楽しそうに取りかかって乗り越えようとしてる生き生きした姿も2,3分程度、眉間を涼しくし
やや上方でイメージし脳裏に、疑似体験的に、にこやかに映像化し、心地いい・・嬉しく誇らしい感じを伴わせて幸せなことに心を集注し、その印象をさらに深めて刷り込んでいくことです。

 

 

 

 

なお

 

 

 

この手順でやったら、頭がすっきりして力が湧いてきたし自分の信じれる望む事柄、望む場面を実際に体験するために、一生懸命に情熱的に、●△に熱心に取り組み●●で働いてる自分の姿が脳裏にぼんやり浮かんで見えました・・

 

という感想を漏らす方もいますが、人それぞれで別にそれでもいいんです。

 

微かな手ごたえや兆しを探すことが大事です。

 

 

 

 

 

 

 

そうして

 

STEP4の4)で書いた・・・面白そうなこと、何が何でも、石にかじりついても達成させたい・・成し遂げたいこと・・
こうしてる自分が好きで、やりがいや価値を強く感じること書いたものを時々嬉しさとともに見直して、望む場面設定とともにリスト化し映像的に刷り込み
これを読み上げ望みが実現した状態を視覚化することを繰り返し、微かな兆しを探し閃きに耳を澄ます。

 

 

これまで、欲望を達成するために、やれそうでありながら、なぜか痛みを感じ、ブレーキが働き
無理だろう・・と思い、出来なかったことや、あきらめてきたこと等に取り組んで、
克服して小さな喜びを味わって潜在意識を改善する取り組みをする
 ということです。

 

( ※欲望を達成させるために、これまでなかなかやれなかったことを含めて為すべきタスクを日々確実に実行している自分を時々生き生き想像し、潜在意識に刷り込んでいく・・意外に辛抱強さが要求されるし丹田開発や潜在意識のクリーニングは必須になってくるでしょう・・ )

 

 

さらに、もう一つの秘訣は、理想に近づけるために予定に入れるアクション項目の最初は、現状のままでいたい潜在意識の抵抗に遭いがちなので

 

小さな兆しを探して勢いに乗せていくということです。

 

 

価値高い欲を実現していく上での最初に克服すべき「 敵 」って・・他人じゃない・・他の誰でもない・・

 

これまでの自分自身

 

正確には自分自身(の潜在意識)が、防衛的に働き、怖れ、辛く感じて現状に留まらせようとブレーキをして、待ったをかけてることがあるわけで・・

 

どんなに口では( 実在意識で )「絶対に私は、この秘めた欲を叶える!」
と言ったところで

 

心の奥の深いところの潜在意識( もう一人のこれまでの小さな自分 )においては

 

「 そうは言ってもねぇ 」という気持ちが出たり
「 やっぱり自分には・・しんどそう・・辛そうだし、無理 」という消極的な気持ちが湧いてきがちです。

 

これが、実在意識の思い(願い)とは逆方向、逆ベクトルの打ち消す方向に働き、鈍い痛みを抱えてるのに現状を望んで防衛し怖れてブレーキをかける潜在意識の抵抗です。

 

 

ですので、何度も書きますがSTEP1の 潜在意識領のなかの( 誤作動している)マイナスの観念要素のお掃除と小さな兆しを探すことが非常に大事になってきます。

 

なお、こんなこと書いたら、こういう不特定多数・・誰でも閲覧できるようなかたちで公開してるわけで、もう散々いろんなことやって挫折してきた方もいらっしゃるはずで

 

この件( くだり )を読んだ方のなかには

 

どうしたらいいか?方法がわからないとどうにもならないじゃないか??
お前は阿保か!

 

と反論する( 心の中でつぶやく )方もいるかもしれません。

 

 

ですけど、基本中の基本は

 

望むことが、そうなった状態を視覚化し、それを繰り返して、着手時点で思いついた△△△△△と明記したことを実行はして、あとはRASの凄い機能に微修正はまかせる。小さな兆しを探して勢いに乗せていく・・目前のことにベストを尽くすことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 次に、この「望んでいる場面を含む欲を紙に書いて、シンプルな計画を立て小さなアクション項目に( 当時は嫌だ・・億劫と感じて腰が重いことだったのに )
想像の中で自分が嬉々として取り組んでる姿を映像化したり、とにかく朝晩読み上げたり、抽象度を上げたり・・タスクを曲りなりに毎日欠かさず続けた
」ところ、私(の心境)がどうなっていったかという体験談をお話します。

 

あなたの実践のバロメーター・・ナビゲーターとして・・・チャート( 海図 )があったほうがいいでしょうから。

 

 

 

 

1日〜7日目 とにかく先の手順で紙に書き出し思考を整理してタスクやこうなったら満足だろうっていう自身の能力に沿った目標を読み上げ思い浮かべ映像化をし、いつまでやる・・というのを大まかに決めて、ぼんやり眺めて声に出し眠りについた。
私の場合フランクリンプランナーにその目標を書いて、その達成のためにすべきことを予定に入れ、小さなアクション項目を淡々と実行してる自らを前日に映像化するようにし、朝に読む。

 

 別に、な〜んの変化も現れなかった。

 

 相変わらず腰が重い・・タスクは、最低限のことは実行できても、どうも上手くいかない・・後手後手に回り、こんなのでいいのか?と不安になる・・もっと、これやったらいいんだけどってことにも力及ばず手が回らない・・・
(すみません・・正直なこと書いてます)_| ̄|○

 

 

 

8日目 朝起きると、小さなことにしてたせいか、なぜか?達成のために、「 すべき必要なこと 」に優先的に取り組むようになった。

 

 

 

 逆算的に俯瞰しながら乗り越えていく誇らしいイメージを繰り返したり、ただ朝晩読み返して視覚化してるだけ・・小さなことをしてただけだったが、頻繁に幸福感を伴う映像が頭に浮かぶようになり、RASシステムが稼働しやすくなったせいか、必要な情報が目につきやすくなる。
 (潜在意識領域に刻印されたサイン)

 

 

8日〜22日  こうなったら満足だろうっていう目標達成のために、すべき小さなことに集中でき持続できアイディアも閃くようになった

 

 

この過程で心の銀幕に浮かぶ映像にリアリティが増してきて、実現できるはず!という安心感や静かな嬉しさ・・確信( 確頼感 )も背骨の奥からぞくぞくと増してくる

 

このとき、あまり興奮し過ぎない・・・静かな喜びでいる・・というのがコツです。

 

 

 

23日目 実際に、1日目〜7日の時点では無理だと思い込んでいた、ある私にとって幸せを感じる欲のひとつが達成できて驚く

 

 

 

 

大事なのは、望むこと、知りたいことなどをリストに書いて機械的でいいので騙されたと思って21日( 21回×朝と晩の2回 )読み上げて実現した状態を絵にし、それで実現はしなくっても、とにかく必要なことを実践しつつ
( 実現できてなくても何らかの )微かな兆しを探すことです。

 

潜在意識が抵抗しても無視して続ければいい。 21日間だけは・・

 

頻繁に映像が浮かぶようになったり(潜在意識から顕在意識に浮上)、何となくワクワクしたり、何となく上手くいきそうな気がするというようなリアリティが増すという潜在意識からの協力のサイン( メッセージ )を見逃がさず、漠然としたものから、行動を起こすこと

 

 また、私の実感では、潜在意識のなかの間違った情報をお掃除し、就寝前に信念強化の暗示を始めてから、描ける想像が綺麗になったような実感があります。

 

 

 

 

 そういう意味からも潜在意識のなかの消極的な観念要素のお掃除は非常に重要なことだと思われます。

 

 

 

 

 【 考え方 】が変わると「 出来事 」に対応する際の心の持ち方がが変わり【 行動 】が変わります。

 

【 行動 】が変わると【 結果 】が変わり、【 新たな行動 】を意識的に
継続反復すると心のレベルが上がって

 

( インサイドアウトで殻が破れて )【 考え方 】が上昇します。

 

以後は、その繰り返しです。

 

 

 

 これを読んでいるあなたは、きっと、「 心配事 」も整理して他人事のように冷静な観察者のごとく俯瞰してるし「 やらなきゃならないこと」「やりたいこと」、「やりたくないこと」等を紙に書いているし、「過去と決別し」頭も心もスッキリしていると信じて

 

 

 

くどいようですが、3個でも10個でも20個でもよいのでノートか手帳に、望む事柄を具体的シーンとして書き出してますよね。(^_^)
目標リストを読み返して望むことを映像化する時間も確保してますよね。(^_^)

 

それをあなたが実行してたら、私は嬉しい・・そして眺める気になってたら・・この頁のでのミッション達成です。

 

 

ただし・・このページの最後に大事なことを書いときます。(;^_^A

 

本音は、あまり書きたくないことですが

 

 

どうしたら心を浄化できるのかしらん??
また、どうしたら心の力を強くできるのか?ってのをよく意識し

 

普段から意識づけして過去の記憶を含めt心の奥底の浄化と強化に努めて自己陶冶に努めてたら

 

実は(;^_^A

 

こういう目標設定とかしなくても、あなたに相応しい形とタイミングで必要なことを含めて思わぬ願いを心がかなえてくれたりします。

 

あと・・ちょっとしたコツは、念願を考える際に、出来るかできないかで選ばないことです。

 

出来るかできないかで選ぶと過去の出来なかったというマイナスの記憶に引きずられやすく潜在意識や集合無意識に絡めとられやすくなります。

 

価値を感じるか否か・・これを指針に選ぶとよいかもしれません。

 

 

これだけは外さないほうがよいというのが私の持論です。